調べる、探す
ホーム >  くらしの情報 >  農林業 >  農業 >  大紀町農業再生協議会水田フル活用ビジョン

大紀町農業再生協議会水田フル活用ビジョン

地域の作物作付の現状、地域が抱える課題

 大紀町は三重県の南部に位置し、北は大台山系、南は熊野灘に面している中山間地域です。町の総面積は233.54平方キロメートルで、約90%が山林で占められており農地面積は全体の約4%です。水田農業及び水田以外の農業経営をおこなう上での、地勢的条件には恵まれていませんが、農家個々の努力、地域住民の理解・協力、行政の施策の活用、その他様々な活動により今日まで当地域の農業が継続・発展している状況です。
 水田では主に水稲の作付けが行われ、水田農業以外では肉牛肥育・酪農飼育業が盛んに行われており県内でも有数の肉牛・乳製品の産地となっています。全耕地面積の約85%が水田で占められており1農家当りの水田面積は20a~50a程度と零細で、そのほとんどが第2種兼業農家となっています。ほ場整備については水田の約80%が整備されていますが、区画が小さかったことなどから土地利用型農業に進みにくい状況で自己完結型稲作経営となる要因の一つと考えられます。
 当面の問題として、農業従事者の高齢化と農地を任せる担い手、新規就農者等が不足しており、それらが相まって水田が耕作放棄となることが懸念されている状況です。

作物ごとの取組方針等

 町内の約460ha(不作付地を含む)の水田について、適地適作を基本として、産地交付金を有効に活用しながら、作物生産の維持・拡大を図ることとする。
(1)主食用米
 需要に応じた米生産を推進し、消費者の求めている食の安全・安心に応えられるよう、温湯消毒した育苗を活用した良質米の生産を推進するとともに地産地消を進める。有機・低農薬・低コスト栽培を推奨し、消費者の求める米が提供できるよう努力し競争力のある産地確立を目指す。
(2)非主食用米(飼料用米、WCS用稲等)
 飼料用米・WCS用稲等の作付を推進する。WCS用稲については町内畜産農家への利用を推進する。飼料用米については、多収品種の導入に努め、収穫後のわらの町内畜産農家への供給を推進する。
(3)野菜・雑穀・その他作物
 米価の低迷や深刻な高齢化の進展により、水稲の作付面積も減少しており、今後の水田の維持のため、これまでの米中心の営農体系からの転換に向けて、高齢者でも取組める野菜等の高収益作物の導入を推進する。
(4)麦・大豆
 麦・大豆を生産する農家については国等の制度を活用し推進する。
(5)そば・なたね
 そば・なたねを生産する農家については国等の制度を活用し推進する。
(6)不作付地の解消
 不作付農地を、今後5年間で100a解消するよう取組をおこなう。
(7)畑地化の取組
 該当農地に管理者からの要望があった場合には、関係機関と協議し検討する。

作物ごとの作付予定面積

作物 2018年度の作付面積
(ha)
2019年度の作付予定面積
(ha)
2020年度の目標作付面積
(ha)
主食用米 226 226 226
加工用米
備蓄米 
米粉用米
飼料用米 
新市場開拓用米
WCS用稲
大豆
飼料作物
そば
なたね
その他地域振興作物
野菜

 

お問い合わせ

農林課
〒519-2703三重県度会郡大紀町滝原1610番地1
TEL:0598-86-2246   FAX:0598-86-3690
MAIL:メールアドレス

大紀町の位置

海、山、自然あふれる豊かなまち「大紀町」へようこそ

大紀町公式ホームページにアクセスいただきましてありがとうございます。
私たちの「大紀町」は、旧大宮町、旧紀勢町・旧大内山村が、平成17年2月14日に合併して誕生しました。
海と山の幸に恵まれたまち「大紀町」は、美しい自然に囲まれた風光明媚な地で、四季折々の彩りが楽しめる魅力あふれる町です。
また、世界遺産に登録されている熊野古道『ツヅラト峠』をはじめ、いままでそれぞれの地域が長い時間をかけて培ってきた伝統文化・気風、風習など、古来から脈々と受け継がれています。

ページトップ

調べる・探すのお手伝いコーナー

検索キーワードから探す