調べる、探す
ホーム >  ふるさと納税のご案内 >  ワンストップ特例制度とは

ワンストップ特例制度とは

ワンストップ特例について

給与所得者等が行ったふるさと納税について、確定申告を行わなくても寄附金控除を受けられる特例制度です。

ご注意いただきたい点

5団体を超える自治体にふるさと納税をした方や、確定申告を行う方がふるさと納税に係る控除を受けるためには、これまで同様に確定申告書へふるさと納税の記載が必要となります。(例えば、医療費控除のために確定申告をする方は、寄附金控除についても確定申告が必要になります。)

(転居による住所変更など)提出済の申請書の内容に変更があった場合、ふるさと納税をした翌年の1月10日までに、当町(大紀町)へ変更届出書を提出する必要があります。

ふるさと納税ワンストップ特例制度は、平成27年4月1日以降に行うふるさと納税が対象です。特例制度開始日(平成27年4月1日)以前にふるさと納税を行っている方が、寄附金控除を受けるためには、確定申告をする必要があります。

ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受ける方は、所得税からの還付は発生せず、個人住民税からの控除で税の軽減が行われます(ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う個人住民税が軽減されます。)。

ワンストップ特例制度と確定申告の併用はできません。ワンストップ特例制度の申請をした方が適用を受けられなくなった場合(5団体以上に寄附など)は、確定申告においてふるさと納税に係る寄附金を申告する必要があります。

平成28年1月1日から、マイナンバー制度導入により添付書類として「個人番号確認書類」と「本人確認書類」のコピーが必要となりました。

<申請書の場合><必要書類>

  「個人番号カード」
を持っている人
「通知カード」
を持っている人
「個人番号カード
「通知カード」
のどちらも無い人
個人番号確認書類 個人番号カードの
裏面のコピー
通知カードのコピー
※氏名、住所等が住民票に記載
されている事項と一致していな
い場合は住民票のコピー
個人番号が記載された住民票
のコピー
本人確認書類
(※写真が表示され、
氏名、生年月日また
は住所の記載がある
もの)
個人番号カードの
表面のコピー
下記いずれかの身分証のコピー
・運転免許証
・運転経歴証明書
・旅券(パスポート)
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書

※写真が表示され、氏名、生年
月日または住所が確認できるよ
うにコピーする。
下記いずれかの身分証のコピー
・運転免許証
・運転経歴証明書
・旅券(パスポート)
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書

※写真が表示され、氏名、生年
月日または住所が確認できるよ
うにコピーする。

<変更届出書の場合><必要書類>
○新氏名や新住所が記載されている公的機関が発行した書類(住民票や運転免許証など)のコピー

様式・記入例 ダウンロード

寄附金税控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)【PDF:128KB】
記載例 寄附金税控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)【PDF:544KB】
寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書【PDF:99KB】
記載例 寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書【PDF:421KB】

お問い合わせ

商工観光課
〒519-2703三重県度会郡大紀町滝原1610番地1
TEL:0598-86-2243   FAX:0598-86-3500
MAIL:メールアドレス

大紀町の位置

海、山、自然あふれる豊かなまち「大紀町」へようこそ

大紀町公式ホームページにアクセスいただきましてありがとうございます。
私たちの「大紀町」は、旧大宮町、旧紀勢町・旧大内山村が、平成17年2月14日に合併して誕生しました。
海と山の幸に恵まれたまち「大紀町」は、美しい自然に囲まれた風光明媚な地で、四季折々の彩りが楽しめる魅力あふれる町です。
また、世界遺産に登録されている熊野古道『ツヅラト峠』をはじめ、いままでそれぞれの地域が長い時間をかけて培ってきた伝統文化・気風、風習など、古来から脈々と受け継がれています。

ページトップ

調べる・探すのお手伝いコーナー

検索キーワードから探す