調べる、探す
ホーム >  防災特設ページ >  災害に備える

災害に備える

水害・土砂災害について、市町村が出す避難情報と、
国や都道府県が出す防災気象情報を、5段階に整理しました

避難情報等 防災気象情報
警戒レベル 避難行動等 避難情報等 警戒レベル相当情報(例)
警戒レベル5 既に災害が発生している状況です。
命を守るための最善の行動をとり
ましょう。
災害発生情報
災害が実際に発生していることを
把握した場合に、可能な範囲で発令
〔市町村が発令〕
氾濫発生情報
大雨特別警報 等
警戒レベル4
全 員 避 難
速やかに避難先へ避難しましょう。
公的な避難場所までの移動が危険
と思われる場合は、近くの安全な
場所に避難しましょう。
避難勧告
避難指示(緊急)
地域の状況に応じて緊急的又は
重ねて避難を促す場合等に発令
〔市町村が発令〕
氾濫危険情報
土砂災害警戒情報 等
警戒レベル3
高齢者等は避難
避難に時間を要する人(ご高齢の
方、障害のある方、乳幼児等)と
その支援者は避難しましょう。
その他の人は、避難の準備を整え
ましょう。
避難準備・
高齢者等避難開始
〔市町村が発令〕
氾濫警戒情報
洪水警報     等

警戒レベル2 避難に備え、ハザードマップ等に
より、自らの避難行動を確認しま
しょう。
洪水注意報
大雨情報等
〔気象庁が発表〕

これらは、住民が自主的
に避難行動をとるために
参考とする情報です。
警戒レベル1 災害への心構えを高めましょう。 早期注意情報
〔気象庁が発表〕

 【警戒レベル5】では、既に災害が発生しています。また、必ず発令するものではありません。
 【警戒レベル3】【警戒レベル4】で、地域の皆さんで声をかけあって、安全・確実に避難しましょう。

 家具の置き方、固定

阪神・淡路大震災や新潟県中越地震などでは、多くの方が倒れてきた家具の下敷きになって亡くなったり、大けがをしました。大地震が発生したときには「家具は必ず倒れるもの」と考えて、転倒防止対策を講じておく必要があります。

•家具が転倒しないよう、家具は壁に固定しましょう
•寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かないようにしましょう。置く場合も、なるべく背の低い家具にするとともに、倒れた時に出入り口をふさいだりしないよう、家具の向きや配置を工夫しましょう
•手の届くところに、懐中電灯やスリッパ、ホイッスルを備えておきましょう

※家具の固定方法などについては、こちらもご覧ください。
・地震による家具の転倒を防ぐには(消防庁)(http://www.fdma.go.jp/html/life/kagu1.html
・「ふせごう‐家具等の転倒防止対策」(消防庁動画) (http://www.fdma.go.jp/html/life/sinsai_taisaku/sinsai21_pv.html
・災害時に命を守る一人一人の防災対策(政府広報オンライン)(http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201108/6.html

食料・飲料などの備蓄、十分ですか

 電気やガス、水道などのライフラインが止まった場合に備えて、普段から飲料水や非常食などを備蓄しておきましょう。

食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)
•飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)
•非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
•トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など
※非常に広い地域に甚大な被害が及ぶ可能性のある南海トラフ巨大地震では、「1週間分以上」の備蓄が望ましいとの指摘もあります。
※飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。日頃から、水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも張っておく、などの備えをしておきましょう。

非常用持ち出しバッグの準備、できていますか

 自宅が被災したときは、安全な場所に避難し避難生活を送ることになります。  非常時に持ち出すべきものをあらかじめリュックサックに詰めておき、いつでもすぐに持ち出せるようにしておきましょう。

非常用持ち出しバッグの内容の例(人数分用意しましょう)
•飲料水 •食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど) •貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など) •救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など) •ヘルメット、防災ずきん •マスク •軍手 •懐中電灯 •衣類 •下着 •毛布、タオル •携帯ラジオ、予備電池 •携帯電話の充電器 •使い捨てカイロ •ウェットティッシュ •洗面用具•携帯トイレ
※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。

ご家族同士の安否確認方法、決まっていますか

 別々の場所にいるときに災害が発生した場合でもお互いの安否を確認できるよう、日頃から安否確認の方法や集合場所などを、事前に話し合っておきましょう。災害時には、携帯電話の回線がつながりにくくなり、連絡がとれない場合もあります。その際には以下のサービスを利用しましょう。

● 災害伝言ダイヤル171番
  局番なしの「171」に電話をかけると伝言を録音でき、自分の電話番号を知っている家族などが、伝言を再生できます。

※一般加入電話や公衆電話、一部のIP電話からご利用できます。
※携帯電話・PHSからもご利用できます。詳細は以下のページをご覧ください。

171~災害用伝言ダイヤル(政府インターネットテレビ)(動画)別ウィンドウで開く
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg2090.html

● 災害用伝言板
携帯電話やPHSからインターネットサービスを使用して文字情報を登録し、自分の電話番号を知っている家族などが、情報を閲覧できます。

知っていますか? 災害用伝言板(政府インターネットテレビ)(動画)
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg2719.html

お問い合わせ

防災安全課
〒519-2911三重県度会郡大紀町錦736番地7
TEL:0598-73-3318   FAX:0598-73-2738
MAIL:メールアドレス

大紀町の位置

海、山、自然あふれる豊かなまち「大紀町」へようこそ

大紀町公式ホームページにアクセスいただきましてありがとうございます。
私たちの「大紀町」は、旧大宮町、旧紀勢町・旧大内山村が、平成17年2月14日に合併して誕生しました。
海と山の幸に恵まれたまち「大紀町」は、美しい自然に囲まれた風光明媚な地で、四季折々の彩りが楽しめる魅力あふれる町です。
また、世界遺産に登録されている熊野古道『ツヅラト峠』をはじめ、いままでそれぞれの地域が長い時間をかけて培ってきた伝統文化・気風、風習など、古来から脈々と受け継がれています。

ページトップ

調べる・探すのお手伝いコーナー

検索キーワードから探す